あなた主体で生きよう。無意識の義務感から解放する言葉づかいのススメ。

人の口癖にはよく気がつくのに

自分の癖は気がつかないものです。

意識することで気がつきます。

たとえば暑い夏。

合い言葉のように言ってしまう「暑いねーー」。

職場で罰金ゲームしませんでしたか?

ただでさえ暑いんだから、暑い暑いって言うの禁止にしようぜ!

言ったら1回100円!とか。

こういうのをすると、いかに暑いって

言ってるか、言いそうになっているか

気がつきます(笑)

先日、美容師さんからこんな話が。

ある起業家さんから聞いた話だそう。

・口癖に思考が現れる。

・たとえそう思っていなくてもその口癖は潜在意識にすり込まれる。

ということ。

その起業家さんが使わないように気をつけているフレーズが

「~しないといけない。」

(関西「~しないとあかん。」)

あなたは使っていますか。

私はドキッとしましたよ・・・。

・そろそろ子どもを起こさなあかん。

・保育園に迎えに行かなあかん。

・ご飯つくらないとあかん。

など。

独り言の場合もあれば、

誰かにボソッと言うことも。

これらは単に

「~する、~しよう、~したい」

と言えばいいのです。

・そろそろ子どもを起こそう(起こしてくるわ。)

・保育園に迎えに行こう(迎えにいく時間やねん。)

・ご飯作ろう(作るねん)。

「~しないとあかん。~しなきゃ。」

は、義務を果たす時、

誰からからの命令を遂行する時に使う言葉。

これが無意識に日常の中で口癖になるということは!?

無意識に誰かのために生きている感があるのかもしれません。

自分を生きたいあなたは

自分発の言葉を使う習慣をおすすめします。

気にしても気にしても

「~しなきゃ」と言っている項目が

どうしてもある場合!

その項目に気がついた場合!

ひとつ問いかけてみてください。

・それは本当にしなければならないことですか。

・もし、それをしなかったらどうなりますか。

何かの気づきになれば幸いです。

お問い合わせ
お申込みはコチラ 2019年1月31日までの申し込みはモニター価格(半額)
無料メール相談はコチラ(初回1往復限り)

******

SNSのフォロー歓迎。お気軽にどうぞ♪

Instagram(本川あつ子)

Twitter(本川あつ子) 

Facebook(本川あつ子) 

 

—–