バリ島へ旅立ちました!朝の散策、ジンバラン地区をジャランジャラン

心理カウンセラーの本川あつこです

「がまんをしていた自分にゴメンね。と許す旅」(一人旅)に行ってきますね。

我慢って、、続けているとそれが当たり前になっていましてね。


そうなると、「え!まさか、私、今まで我慢してたん?うそー。そんな馬鹿な!」ってなります。

つまり、、、気が付かない!

気が付かないまま
「夫が、、クソ!」
「子どもはまだ手がかかるわ、、仕方ない」
「お金が足りてる?貯金もっとしないと!節約もな!」
「なんか時間がねえなあ」
・・ってことにエネルギー注いで、頑張っているふりしてる女子(おなご)は居ねえがーー?(なまはげ風)

前置きは、ほどほどにして、さあ、関西国際空港から出発するぞーい!

久しぶりの海外で関空で迷うが、たどり着くべきところには行けた

空港って大好きです。
空間が広いし、時間がゆったり流れている感じ。

そして、「ここから行きたいところへ、世界へ飛んでいけるんだ!」っていう場所のエネルギーがある場所でしょう?

だから、心が弾けるのです。

空港にきたら、まず「チェックイン」。そんな基本的なことも忘れてました。

そういえば、昔は関空からバリ島行きの直行便があったのに!
無くなっていて焦りました。

どうやって行くの?トランジット?
実はちょうど知り合い(歌の先生)が12月にバリに行ってるので、リサーチしたら

シンガポール航空がトランジット短くて手頃な値段だったよ、と教えて下さり、確かにその通りでしたので、私もマネしました(笑)

にしても、燃油サーチャージ料がすごく上がってませんか?(汗)

※SQ619便 関空10:10発→シンガポール16:05着

見えてきたわ、シンガポールさんの街並み?

私の横が、「女子二人旅ですOL」さんだったので、つい話しかけました。
彼女たちは、シンガポール乗り換えで、プーケットからのタイへの旅行だという(イイね👍)

話を聞いていると
「この会社で一生やっていく気がほとんどなくてねー」とOL談義をしていました。

わかりみ。
一生○○でやっていく、っていう変な決意(またはマンネリ)の方が私は疑問を感じます。
そんな決意がない人材の方が、柔軟に仕事できると思うのよね。

また、話がそれました。

シンガポール→バリ行きの機内食。辛いーー。(トムヤンクンのシーフードヌードルだそうだ)

※SQ946 SIN17:45発→デンパサル20:40着

デンパサール国際空港着からのホテルへ

タクシー交渉に、、キョどる

宿泊ホテルへの要望に「空港へのお迎え」を頼んだのだが・・・
たくさんの送迎人々の波に・・全く私の名前を見つけることができませんでした。

4往復くらいして、諦めました(泣)
ホテルの電話も通じないし、諦めました(泣)

諦めた少女の表情をキャッチしてか、多くのMen’sに「俺のタクシーに乗りなさいな~」の客引きにオドオドして・・ 一番、年寄っぽい人を選びました(趣味というわけではない)

25%OFFくらいで、値切って、まあそれでも高い?気はしたが、まあいい。

ジンバラン地区のビーチ沿いホテル。意外と狭かったけど、一人なんで良い。

街歩き(スーパーに行くための街歩き)

グッモーニン、バリ!
朝食の会場がそのまんまプールに面していて、テンション上がりました。

徒歩20分くらいのところに、スーパーがあるようなので、街歩きを兼ねて行ってみました。

ホテルの前の道。道路を挟んだところがビーチのはずなので、後でいってみることにする。

バリの人がどんな感じなのか、全くつかめてないので、人気のない路地に入るのはドキドキします。
(ガイドブック的には、治安がいいとなっています)

そうそう、道端にたくさん↓このようなものが置いてあり、お供えでしょうか。
あとで、おじさんに聞いてみたら、朝のお祈りのためのお供えなのだとか。
毎朝、こうやって家の前にお供えするそうです。

(注)私のつたない英語ヒアリング能力で聞き取った内容です汗)

入れ物はヤシの葉っぱで、女性が手作りするのだそうです。かわいいですよね、いろどりが。

メイン通りに出たら、急に車やバイクがどんどこ走っています。

アジアっぽくて、好きです。
ただ、向こう側に渡るのが怖い・・ 車とバイクの隙間を慎重に狙って渡るのである。

バリっぽいから撮りました。

ローカルなスーパーで、ミネラルウォーターを多めに購入(現地相場:1.5リットルが50円)し、別ルートでホテルに戻ってみます。

ホテル前のビーチに足を伸ばしてみました。

誰も泳いでいなかったです。
あとで、おじさんに聞くと「ここは泳ぐビーチじゃない。魚を釣るビーチだ」とのこと。

ジンバラン地区は西海岸なので、夕日が眺めれるますね。
夕日派の人はジンバランに宿を取りましょう!

朝日派の人は東海岸側の町に宿を取りましょう!

午後からは、おじさん(=昨夜のタクシー運転手)とカーチャーターの約束をしているので、観光に行ってきます。

コメント欄 <コメントや感想をいただけると、ホントに喜びます^^>

  1. コメントありがとうございます。旅の最中に東さんのように書けたら良かったのですが、毎晩夜更かししてしまい汗。でも、落ち着いてふりかえりながら書くのも、いいかもです。そして、素晴らしいお言葉をいただき、嬉しいです^^

  2. 東(あずま)ゆう より:

    待ってました〜〜〜!!!あっちゃんの旅ブログー!!!❤️エネルギーをもらえるのに、同時に癒される!!そんなブログ書けるのあっちゃんぐらいですよ笑❤️海外なんてしばらく行ってないので、お写真みたらすごくうずうずしてきました!!!!

タイトルとURLをコピーしました