悩みごと・困りごとはありませんという人の特徴。【悩みがある方がうまくいく】

●悩みごと・困りごとはありませんという人の特徴。【悩みがある方がうまくいく】

 

女性の転機の悩みを切り開く心理カウンセラーの本川淳子(あつこ)です。

 

あなたに、どんなに悩みがあっても、必ずうまく行きますよ。

 

 

ところで、あなたは

悩みがない方が幸せである、と考えるタイプですか。

悩みがあった方が幸せである、と考えるタイプですか。

 

早速、あなたに質問です!

 

問1 あなたは今、悩みごとや困りごとがありますか。

Yes or No ?

 

実は先日、20名くらいの方に「悩みアンケート」を配信し、無記名方式で回答をいただきました。

 

この問いに、約5割の方が 「無い」 と明言してくださいました。

 

え??ほんまかいな!そんな人がいるのか!とビックリした私です。

 

そこで悩み・困りごとをあなたがどう捉えているかを4つに分けて考察してみました。

 

 

1.大きな悩みこそが、悩みである。と考える人

悩みとは、深く、大きな悩みのこと。
という定義を持っている方もいるのでは。

 

・うちの子が不登校に。理由も話してくれない。

・夫がリストラに。この先、生活がどうなるのか。

・上司のパワハラで、明日も仕事に行きたくない。

 

など。ちょっと大変そうなテーマ。

 

大きなテーマこそ悩みであって、私のささいなこと(パートに出たいけど、とか、似合う服がない、とか)は悩みじゃない。

と考えるのかも知れませんね。

 

さて、本当にそうでしょうか。

私は日常のささいな悩みこそ、目を向けておくべきと考えます。

 

 

2.悩みがあること=ネガティブなものと考える人;”>

 

「悩みがあります。」と、言えない、思いたくない。

悩みなんかなく、明るく元気にやっているのよ私!

 

悩みや困りごとがある=負けたような気になる人。

悩みがあるって、病んでるように思われる、ネガティブなイメージと無意識に思っている人。

 

さて、本当にそうでしょうか。

私は悩みはポジティブな面も持ち合わせていると考えています。

 

例えば、

「仕事のプレゼンが苦手。上手くできたらなぁ。」

これは苦手だという悩みですが、それを解決したいな!という向上意欲も含んでいます。

または、

じゃあ自分が仕事で得意なことって何だろうか、と考える良いキッカケも含んでいます。

 

3.悩みを悩みと思わない人

 

究極のポジティブシンキングな人、なのでしょうか。

 

悩みに鈍感になりたい人ではないかと考えています。

悩みを直視したくない、直視するとしんどいから、問題を無いものにしたいということ。

 

例えば

結婚している女友達に久しぶりに会うと

「今、職場の人と付き合ってて(不倫)、めっちゃ楽しいねんー」

とっても明るい。

 

で半年後に会うと

「今は、SNSで知り合った人と付き合ってるよー」

こういったことが何度か続き、

 

お子さんとかご主人は大丈夫なの?と聞くと

「全然大丈夫、夫と仲が悪いわけじゃないし!」

 

道徳的に良い、悪いの問題ではなく

可能性として、次のような悩みが隠れているかもしれません。

 

・夫婦仲の不満、悩み

・次々と付き合うことで満たされる依存的な自身の問題

・家庭の不満

・女としての不満

・悪いことをあえてすることで満たされる自身の問題

・(子どもにウソを付いてでも彼に会う)自己中心性

 

問題に目を向けたくない心理が

「悩みはないよ!毎日、最高に楽しい!」

と、サクッと言わせているのかもしれません。

 

 

4.悩みがあるからこそ良い、向上できると考える人

 

私はズバリ、↑このように考えています。

ですので、悩みごとや困りごとがあった方が良いと思っています。

そもそも、悩みのない人なんていません(笑)
煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)だなあっと。

 

長くなりましたので、つづきは明日の記事に書きますね。

 

 

人生の節目の悩み専門カウンセラー 本川あつ子

カウンセリング・相談のメニューと料金
30分の体験カウンセリング
お問い合わせ

 

夫の不倫・浮気問題を専門に夫婦問題(離婚、モラハラ)の他、お仕事(就職、転職、人間関係、人事)、婚活、結婚、出産、育児など女性の人生の節目の悩みのカウンセリング、相談を行っています。

 

奈良市、奈良県内、大阪市、大阪府内、木津川市、対面の他、全国オンライン(Zoom、スカイプ)からお申し込みいただいています。

 

—–